読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とフリーライターの私

在宅のフリーライターをゆるっとやっております。猫好き。お仕事のご依頼はwhitewriterokinawaあっとgmail.comまでお願いします。

取材旅行から帰って来たよ

f:id:whitewriterokinawa:20170417225555j:plain

(セルカレンズのケラレはどうにかならないものかねえ・・)

先週はずっと取材旅行をしていました。

普段数百歩しか歩かない私が連日1万歩超えだから疲れないわけがない。
カフェ取材と観光地取材をミックスさせていたので、宿に戻るころには、夜遅く。
原稿を清書する予定がそんな気力もなく・・・体力増強が待たれます。

ともあれ、お天気と桜に恵まれて良かったです。ちゃんと取材すべきところはできたし。
今日なんとか半分くらいまで片づけ、後は明日中には片付けたいなあ~

明日までは雨模様ですが、明後日はちょい晴れ予報。そしたら外に出るんだ。沖縄の取材も天気待ちのがいくつもあってですね・・・このまま梅雨に入りそうでちょい怖い。

原稿を書く!と決めた日が晴れだと損した気持ちになる

f:id:whitewriterokinawa:20170408163620j:plain

今週はなんだかんだとPCの前に座ってなかった(具合が悪かった、外に取材に行ってた)ので、今日は土曜だし原稿をまとめるぞー!予報は曇りとか雨だし!と思ったら。

湿気は確かに高いけど快晴。さらに気温が25度。あーこれなら取材を保留している場所に出かけたかったー!とか思いつつ書いています。

写真は取材NGのとあるカフェの軒先。勝手にガイドブックに載せられて静かな空間が台無しになってしまったことがあったそう。

つぶれない程度には流行ってほしいが、流行りすぎると手が回らない・・・なかなか難しいものですなあ。

そろそろ夏に向けて気持ちも遠出な感じなので、自分の家から遠めの案件も提案しようかなと考える今日この頃なのでした。

あとはカフェだけでなくレストラン案件があると嬉しいな~

仕事で文章を書くということ

f:id:whitewriterokinawa:20170401095340j:plain

何だかんだ言いながらもコツコツ書く。

おかげで

「想定していたよりも、はるかにレベルの高いものをありがとうございます」と評価を受けたり

「この内容に感銘を受けました!提示した原稿料よりも1.5倍アップします!」と素敵なオファーがあったりと、それなりに仕事は順調だ。

しかし手間をかけている分、いかんせん量が進まない。上述の評価もおそらくは一流と言われるライターさんであれば、そもそも私の10倍くらいの原稿料でやっているのであろう(推測)。

私が重宝されるのはそこそこ安くて使い勝手が良いというコストパフォーマンスゆえだと認識しているし、それでいいと思うのだけど、生活があるのでもうすこしコスパは下げたいかもしれない。

あと、ライターで自分を売りたい!みたいなのもないのが良い点なのだと思う。
最近のWEBを見ていると、まずはライター自身が自分を売ることから始めている記事を多く見かけるが、個人的にはライターの人のことは正直どうでも良い。問題は中身だ。
しかしそういう記事の方が受けるのか、まずはライターのプロフィールをみたいなオファーも多い。そうはいってもライターはどうあってもライターであり、アイドルや俳優やモデルといった自分を売る商売とは違うような気がする・・・ましてそもそもそんなに(以下略)

私は自分の主張とか問題提起とかそういうものを自ら文章で表したいという考えはなく、クライアント様が望んでいる方針で文章を書くのを是としている。ライターの感想を入れてほしいというオファーがあれば”主観ぽい文章”を入れるし、そうでなければ「厚生労働省の〇年度の調査によれば~」というように数値を裏付けに使ったりする。

「わかりやすい!」
「(観光とかグルメなら)行ってみたい!」
と思ってほしいという要望はあるので、

「どうしたらこの〇〇(の魅力)を解りやすく伝えられるか」

というような、対象をどう上手く分解して解説するかという前提に立って書く。対象については、仕事だから普段は見ないようなところもあれこれ観察する。

その観察の結果出てくるツッコミ的な視点が、おそらく私のキャラが出てくるところなのかもしれないが、基本的には私は解説文の裏側にいる人でありたいと思っている。

ただ文章だけ読んだなら頷けるような内容も

「あの人が書いているのか」というフィルターがかかると、文章だけをフラットに見つめられなくなるから。良くも悪くも。

私は自分よりも自分の文章を消費されたいと願う。

冒険したい年頃

f:id:whitewriterokinawa:20170401085037j:plain

こちらのモフモフは好奇心が旺盛で、

ベランダに出すと手すりにのぼり、そこから防火扉を乗り越えて隣の家に行ってしまう。

私も静観しているわけではなく、手すりに猫除けのトゲトゲを設置したり、常にベランダに出る時は見張ったり策は講じているのだが・・・

かえってそれが彼女の運動能力を向上させてしまったようで、やはり隣のベランダに行きたい気持ちが抑えられないようだ。困った。

もともと前にいたアパート(ペット禁止)を引き払うことになったのも彼女の冒険癖が原因。隣の部屋に行ってしまい、たぶん彼らが管理会社に通報。(←正しい対応)

まあ私が禁止なのに猫を飼っていたのがいけないし、おかげで環境が最高の今の部屋に住むことになり、それはそれで結果オーライでいいんですが。

普段は全然鳴かないし、いるのかいないのかわからないくらい静かなのだが、内に秘めているものが熱いのかもしれない・・・

ともあれ落ちたりしたら下はコンクリだし色々心配。

ご迷惑をおかけしている隣の部屋のマダムは、猫が好きで「あら可愛い☆気にしなくていいのよ~」と言ってはくださるが、そろそろまた菓子折りでもお持ちせねばなとも思う。

もともとペット可を売りにしているアパートなので、犬猫大好き!な人ばかりなのが救いだが・・・

防火壁と天井の上の空間を防ぐものを設置しようかと思ったが、台風時にまともに暴風を受ける地帯なので何を設置すれば良いのかも考えあぐねている。取り外しが可能なネットとかにしてみてはどうかとか考えたりもするが、あいにく適当なポールなどがなく、そもそも工作は大の苦手だ。下手に設置して普通に風の強い日に飛ばされたりしたら大迷惑であろう。

外に出さなければいいと思うかもしれないが、今日は私が換気のために網戸を空けた一瞬に隙間からするりとベランダに出てしまい、あっと気が付いた時にはもう手すりを助走していた・・・

手すりのトケトゲを踏む痛さ(長毛だから肉球もモフモフだが痛いと思う)よりも好奇心が勝つのだろうか。

ちょっとだけ冒険したいということらしく、しばらくすると何食わぬ顔して帰ってくるので、本人がとても嫌がる足を水洗いするのだが「なぜ?私がこんな仕打ちを?」みたいに甘えてくるのだった。可愛い。

f:id:whitewriterokinawa:20170401091427j:plain

こっちは甘えん坊で身体も重いし、基本的に内弁慶なので冒険などはしない。こちらの方が半年若いので年齢はあまり関係ないのかも。

もと野良(といっても生後2か月ほどで保護)の血が騒ぐのか。

 

広告を非表示にする

北大東島に行こうとしたら急に飛行機が

www.okinawatimes.co.jp

 

このニュースを見て思い出したことがあった。

まだ私が「会社を辞めて何しようかな~」なんてのんびり考えていたころ。

知り合いの方から

「親戚が北大東でお店をやっており、人手が足りないから手伝ってくれないか」

と言われ、いずれは沖縄の離島を制覇したいと思っていた私は

「絶海の孤島なんて面白そう☆キャハ」なんて軽く引き受けたのだった。

リゾートバイトと考えれば条件は悪くなかった。

住まいも用意され、時給にしても東京並みで、往復航空券もくれるという。

条件が良すぎる気もしたが、まあでも離島は求人も大変なんだなとくらいにしか考えていなかった。

実際、北・南の大東島の平均年収は東京並みで、沖縄本島の約2倍、さらに離島割引という特典があり、飛行機・船はべらぼうに安く使えるのだ。

雇用主に当たる人も羽振りの良さを強調していた。

だが、いかんせん働き手がいないという。

「とはいえ、まずはお試しで1週間くらい旅行に来てみなよ」ということで、航空券をいただいて飛行機に乗ることになった。

飛行機はプロペラ。滑走路の長さの関係で小型でもジェットは無理だという。

無事に搭乗手続きも済み、飛行機に乗り込み、離陸した。

しかし、1時間ほどすると、

「計器に異常が見られるため、当機はこのまま那覇空港に引き返します」とアナウンスが。

えー!ここまで来て?!と思ったが、このまま飛べないと判断されたのだろうから仕方ない。

さらに、この便は代替機などを用意するでもなく本日は欠航とのことだった。

なぜかというと、北大東島の空港の滑走路にはランプがないので、到着時間が日没に差しかかったら着陸できないのだ。

じゃあ翌日の便になるのかというと、 翌日から台風接近のため、少なくとも数日は欠航するという。

 

うーん・・

 

なんだろうこれ。

ちょっと・・・かなり嫌な予感がした。私は北大東に行ってはいけない理由があるのかと。

とりあえず、航空会社の整備ミスということで、タクシーチケットをもらって家に帰った。

そして、事の次第を北大東島に報告したが、その時の対応が雇用主としてはどうかと考えると微妙だったため、結局旅行も断り、チケットは返金してもらう手続きをした。

その方は、リクルートが失敗してしまって申し訳なかったし、北大東島が自然豊かで美しい島だということはよくわかっていた。正直、今でも行ってみたい気持ちはある。

だが、人によって”良い環境”というのは異なるものだ。

こんなに丁寧に足止めされると、”何か”に北大東島に行くのを全力で止められている気がしたのだ。

第六感とか虫の知らせという感じだった。

それ以来、大東に行く機会を得ないまま今に至る。

この記事を読んで、北大東といえば、そんなこともあったなと思いだした次第だ。

いずれは沖縄の離島を制覇したいと思っていた私の野望は、ちょっと保留しておこう。

 

何でも頼ろうとする人、男女の違い?

f:id:whitewriterokinawa:20170317081926j:plain

何でも聞いてくる、頼ろうとする人、が苦手です・・・

今の世の中、ネットを見ればたいていのことはわかります。

例えば「ネットでこういうの見て調べてみたんだけど、本当かしら?」とかならまだいいのです。

でも手元にあるスマホを全く見もせずに

「〇〇について知ってる?教えて!」と来られるともう。

私のあたった少なくはないケースで統計を取ると、これをしてくるのは専業主婦の人に多い。さらに1人暮らししたことがない人。つまり、働いたことはあっても、すべての生活を自分で賄ったことがない人。あくまで傾向なのでこのパターンに当てはまっていてもこんなことしてこない人もいます。逆に当てはまってなくてもこういう人もいますが・・・

別に私は専業主婦だから~と言いたいわけではなく、
たぶん彼女たちは男性たちに対して「こうすれば喜ぶ」というのを、素で女性にもやってるのだと思うから。つまり好意のあらわれなので困っているのです。

確かに男性は頼られると嬉しいらしい・・・本などには良くそう書いてあります。
しかも簡単に解決できることなのがポイントらしいのです。「俺が彼女のために解決してやった」とこまめに達成感を味合わせるそう。逆に彼が解決不可能なことは相談しない方がいいらしいです。「俺は役立たずだ」と敗北感を味合わせることになるから。

でも私は何でも聞いてくる人が苦手なので、基本的に自分で調べ、手配し、段取りをします。人にされて嫌なことはしないと思っているのですが、どうやらその法則は間違いだった模様。通りでモテないわけですが、まあいいです。
(そういえば昔「ひとりでご飯食べるなんて信じられなーい」とか言われたことありましたが、自分でご飯食べるところを選び、失敗し、予算の範囲内で美味しいところを探す努力をしたおかげで、審美眼とでもいうものが身につき、今やグルメライターをやれているのですね・・・)

ともかく、私は「できることは自分でする(努力をする)」なのであえて「(やれば、少し努力すれば)できることもやってもらう」ということをされると相当イラッとします。きっと母親がそのタイプだったせい。

さらに彼女たちにしてみれば、それは”あえて”やっていることなので私がイラッとする理由がわからないのです。だって今までみんな喜んでやってくれてたし~となってしまう。価値観が違いすぎます。

そのためこうした人たちとは距離を置くようにしているので、結果的に友人が少なくなりましたが、別に困っていないしむしろストレスが減りました。昔はどんな人であれ周りの人には受け入れられようと努力したこともありましたが、無理なものは無理!

その手法は、知識や労働力をただで提供すること、そして「すごーい、ありがとう!」という言葉だけでも喜びを感じる人を見極めてやってください。私は違うんで・・・私の時間と労働は稼ぎに直結しちゃうんで!そしてわからないことは便利に近くのもの知りを使うのではなく、プロに相談しようね?その知識や技能を得るために時間やお金を投資して失敗したりもしているんだからね?

 

観光・飲食ライターにシフトしてきた私

f:id:whitewriterokinawa:20170316183918j:plain

もともと食べ歩きが趣味でした。

というのも、両親ともに味オンチの家庭に生まれてしまい、外食で美味しいものを食べて感動したおかげです。(母はカレーをまずく作るという特技を持っていたくらい。その味を受け入れていたきょうだいは、大人になってもグルメ趣味はない。)

何が幸いするかわからないもので、おかげで私は料理+外食が好きに。

それで現在は、住んでいる沖縄の観光やレストランの本気のレビュー記事や料理のライティングがメインになりつつあるのだから、ちょっとすごいなと思います。きっと提案や企画の書きぶりがイキイキしているのでしょうね。他の題材よりも・・・

さらに、私は福岡・関西・東京にもそれぞれ5年以上住んでいたため、そのあたりの土地勘もあるということで、旅行や帰省の際には、旅行記事・飲食記事のご依頼も頂戴することができるという好循環。

旅行や帰省によるライティングの空白期間を作らせません・・・!

そのうえ、現地での飲食を記事にあわせるので、滞在のコストも削減。

なんと素晴らしいことでしょう。単価もだんだん上げていただいていて、嬉しい限りです。出した企画が通っていくということも楽しいし、ヨイショ記事は書かないので、結果的に観光の方のにも役に立てているはずです。

仕事のおかげで、ふとしたカフェに行く際も選別をし、比較的ヒマな平日の昼間に行って、お店の人にもいろいろお話も聞いて、写真をたくさんとっておき、さらにレビューを簡単に残しておくので自分の情報量がたまりまくりです。それも嬉しい。

自分の友達に「ここいいよ」と紹介できるお店しか紹介しないので、見極めるために、結局のところは持ち出しが多くなるのですよね(笑)ただ、それは趣味だから・・・

これも普段から自腹を切って、あちこちで食べ飲み歩きをして舌を養っていたおかげです。自分のことを批評家みたい、理屈っぽい、そして贅沢な舌で金がかかると思っていましたが、その視点がここで活かされるとは・・・!

まさに趣味と実益。

これからも頑張るぞ~!