猫とフリーライターの私

在宅のフリーライターをゆるっとやっております。猫好き。お仕事のご依頼はwhitewriterokinawaあっとgmail.comまでお願いします。

何でも頼ろうとする人、男女の違い?

f:id:whitewriterokinawa:20170317081926j:plain

何でも聞いてくる、頼ろうとする人、が苦手です・・・

今の世の中、ネットを見ればたいていのことはわかります。

例えば「ネットでこういうの見て調べてみたんだけど、本当かしら?」とかならまだいいのです。

でも手元にあるスマホを全く見もせずに

「〇〇について知ってる?教えて!」と来られるともう。

私のあたった少なくはないケースで統計を取ると、これをしてくるのは専業主婦の人に多い。さらに1人暮らししたことがない人。つまり、働いたことはあっても、すべての生活を自分で賄ったことがない人。あくまで傾向なのでこのパターンに当てはまっていてもこんなことしてこない人もいます。逆に当てはまってなくてもこういう人もいますが・・・

別に私は専業主婦だから~と言いたいわけではなく、
たぶん彼女たちは男性たちに対して「こうすれば喜ぶ」というのを、素で女性にもやってるのだと思うから。つまり好意のあらわれなので困っているのです。

確かに男性は頼られると嬉しいらしい・・・本などには良くそう書いてあります。
しかも簡単に解決できることなのがポイントらしいのです。「俺が彼女のために解決してやった」とこまめに達成感を味合わせるそう。逆に彼が解決不可能なことは相談しない方がいいらしいです。「俺は役立たずだ」と敗北感を味合わせることになるから。

でも私は何でも聞いてくる人が苦手なので、基本的に自分で調べ、手配し、段取りをします。人にされて嫌なことはしないと思っているのですが、どうやらその法則は間違いだった模様。通りでモテないわけですが、まあいいです。
(そういえば昔「ひとりでご飯食べるなんて信じられなーい」とか言われたことありましたが、自分でご飯食べるところを選び、失敗し、予算の範囲内で美味しいところを探す努力をしたおかげで、審美眼とでもいうものが身につき、今やグルメライターをやれているのですね・・・)

ともかく、私は「できることは自分でする(努力をする)」なのであえて「(やれば、少し努力すれば)できることもやってもらう」ということをされると相当イラッとします。きっと母親がそのタイプだったせい。

さらに彼女たちにしてみれば、それは”あえて”やっていることなので私がイラッとする理由がわからないのです。だって今までみんな喜んでやってくれてたし~となってしまう。価値観が違いすぎます。

そのためこうした人たちとは距離を置くようにしているので、結果的に友人が少なくなりましたが、別に困っていないしむしろストレスが減りました。昔はどんな人であれ周りの人には受け入れられようと努力したこともありましたが、無理なものは無理!

その手法は、知識や労働力をただで提供すること、そして「すごーい、ありがとう!」という言葉だけでも喜びを感じる人を見極めてやってください。私は違うんで・・・私の時間と労働は稼ぎに直結しちゃうんで!そしてわからないことは便利に近くのもの知りを使うのではなく、プロに相談しようね?その知識や技能を得るために時間やお金を投資して失敗したりもしているんだからね?

 

観光・飲食ライターにシフトしてきた私

f:id:whitewriterokinawa:20170316183918j:plain

もともと食べ歩きが趣味でした。

というのも、両親ともに味オンチの家庭に生まれてしまい、外食で美味しいものを食べて感動したおかげです。(母はカレーをまずく作るという特技を持っていたくらい。その味を受け入れていたきょうだいは、大人になってもグルメ趣味はない。)

何が幸いするかわからないもので、おかげで私は料理+外食が好きに。

それで現在は、住んでいる沖縄の観光やレストランの本気のレビュー記事や料理のライティングがメインになりつつあるのだから、ちょっとすごいなと思います。きっと提案や企画の書きぶりがイキイキしているのでしょうね。他の題材よりも・・・

さらに、私は福岡・関西・東京にもそれぞれ5年以上住んでいたため、そのあたりの土地勘もあるということで、旅行や帰省の際には、旅行記事・飲食記事のご依頼も頂戴することができるという好循環。

旅行や帰省によるライティングの空白期間を作らせません・・・!

そのうえ、現地での飲食を記事にあわせるので、滞在のコストも削減。

なんと素晴らしいことでしょう。単価もだんだん上げていただいていて、嬉しい限りです。出した企画が通っていくということも楽しいし、ヨイショ記事は書かないので、結果的に観光の方のにも役に立てているはずです。

仕事のおかげで、ふとしたカフェに行く際も選別をし、比較的ヒマな平日の昼間に行って、お店の人にもいろいろお話も聞いて、写真をたくさんとっておき、さらにレビューを簡単に残しておくので自分の情報量がたまりまくりです。それも嬉しい。

自分の友達に「ここいいよ」と紹介できるお店しか紹介しないので、見極めるために、結局のところは持ち出しが多くなるのですよね(笑)ただ、それは趣味だから・・・

これも普段から自腹を切って、あちこちで食べ飲み歩きをして舌を養っていたおかげです。自分のことを批評家みたい、理屈っぽい、そして贅沢な舌で金がかかると思っていましたが、その視点がここで活かされるとは・・・!

まさに趣味と実益。

これからも頑張るぞ~!

そっちは目指してない

f:id:whitewriterokinawa:20170313224049j:plain

ここのところちっとも筆が進まずに悶々としています。

案件はあるのに書けない。いや、書いているのですが、ちゃんと納期に間に合うように。

でも、なんていうか、本当はもっと案件を引き受けたりできるのに踏みとどまっているような。

本当はあまり書きたくないんじゃないの?なんて思ったりしてます。

うーーーーん。

WEBはどうしても紙媒体より安い価格なので、それなりの売り上げを出すためには量も書くしかない。

わかってはいるんですけどね。なんとか収入を得てはいるけど、このままだと貯金が少しづつ目減りしていくってことは。

でも動けない。なんなんだろうこれ。他にやりたいことがあるのかなあ。

おっと、お金のブロックを外すにはこのセミナーとコーチング・・・は要りません!

もっと仕事を取って、締め切りを増やすことにしようと思います。おそらく納期へのゆとりがあるのでだらけてしまうのだと思う。

「これ、〇時までに修正して」とかならすぐできるわけだから。

今はどうやら踏ん張りどころなのかもしれない。

愛猫と触れ合いながら、場所と時間にとらわれず、人を利用することなく、自分で付き合う人を選びながら生活したいと思った私の。

淡々とやり過ごそう。この自分の中の波を。

「逃げるは恥だが役に立つ」最終巻の感想


 

 

ついに完結ですね・・・!今日発売ということで、沖縄では3~4日待たないと書店に並びませんので、楽天KOBOで即ダウンロ―ド。先日のスーパーセールのおかげでポイント全消化。プラス割引クーポンもあり、無料でした。ありがたや~

私は珍しい?楽天派です。楽天、私は言われるほどページの見づらさ?はあまり感じないし、スーパーポイントはアマゾンポイントと違ってどの商品に適用するか選べるし、電子書籍もワンクリック決済じゃないし、割引クーポンも多いし、割増ポイントもあるしいいと思うんだけどな。

なによりスーパーポイントが貯めやすい。昨年はお買い物マラソンとスーパーセールの時に集中してキャットフードとか消耗品を発注してたらポイントだけで50000円くらい還元されてた。さらにポイント使用でもポイントが貯まるし。

Amazonはポイントがある場合に、kindleには自動的に使われていってしまうので嫌だし、イマイチ使い勝手の良さがわからないのだった。ポイントもない商品が多くてあまりたまらないし・・・慣れの問題?電子書籍kindleKOBOを比較して安い方をダウンロードしてるけど。

 

さて。

も~

百合ちゃんと風見さんがついにですね!

もはや主人公はどうでもいいですね(ひどい)主人公カップルがこの二人のことを知った時の反応は見たいですけどね。

百合ちゃんの事前の頑張りがまさに”仕事できる人あるある”で具体的だなあと。

でも筋トレしたらより堅くなるような気もするけど。

脱毛、あれって普通の光脱毛だと無理なんですよね。もう年代的に白いものが多くなると。光やレーザーは毛が黒くないと反応しないから。だからブラジリアンになる。まあ直後もブラジリアンのが綺麗ですしね。

おっと何の話だ。

しかし風見さんは百合ちゃんを好きになるだけあって実は大人だな。

あの状況でふてくされたりしない男性はそうはいないだろう。まあその場は収めたとしても、
結局その後も何回もリトライ出来てるのはすごい。というか、むしろその2回目・3回目のトライ時の話が読みたい。

私も風見さんみたいな男性にかつて知り合ってたらもしかしたら・・・とか思ってしまってはいけない。タラレバ娘になってしまう?(タラレバよく読んでないので知らないけど、~たら~ればとか仮定法で過去を悔やむ人たちの話なんだよね?たぶん)
とはいえ、風見さんが優しいのは百合ちゃん限定で、元カノとかの対応を見ると微妙だし。

本当はああいうふうにつくろわないでいられる人と愛し合うべきなのだろうけど、そもそも出会えるのかわからないし、いきなりど素でいくっていうことがどれだけ自分を傷つけるかも知ってしまうとなかなか難しい。

これは夢物語だし、私は50代になってもきっと百合ちゃんのようにきれいに保ててないしキャリアもないし、あれだけ芯が通った女性でもないですしね。

やはり罪深いマンガのような気がする。本当にいいこと描いているのだけど。

百合ちゃんのような女性は意外と多くいそうだけど、風見さんがいないんだからね~

とはいえ、結局無理してもどこかで破たんするのだから、できるだけ身ぎれいにして座して結果を待つ・・・という人生もアリなのかも?というか、もはや望むと望むまいとそうなってしまっていますが。

しかしこれ、ドラマ化は無理ですね・・・

「逃げ恥」は本当に綺麗に終わったので続編とかスピンオフとかいらない・・・いや、沼田さんスピンオフなら見たい?かも?(笑)

SEOライティング的な

f:id:whitewriterokinawa:20170310190152j:plain

本当はあんまり型にはまった書き方は好きじゃないんだけど、

型を知っておくのも役立つのかなあと、SEOライティング的な仕事をたまに受けるようにしています。

そして毎回苦しむ(笑)

ああー

本当にこういう構成が求められているの?私はこんなページちっとも読みたくないと思ってしまうのだが、それは素人の浅はかさなんでしょうね。

いやお前お金もらって書いてるんだからそこはプロだろ?とも思ったりもしますが。

そこでモチベーションを上げるべく本屋さんで見つけたのがコチラ。

www.cpi.ad.jp

その場で購入して読んでみた。紙の本の分厚さが存在感ありあり。

頑張ります、ボーン先生・・・! 

広告を非表示にする

少しずつ

f:id:whitewriterokinawa:20170309170225j:plain

少しずつ

いろいろなクライアント様が増えてきて、取材案件もボチボチいただけるように。

評価していただけるというのは嬉しいですね。

単価が低いけれど時間がかかっていた案件をどうしようかとクライアント様に相談したら、単価が倍になったり。

某雑誌の登録ライターにもしていただけて、そのお仕事も楽しみ。

計画中の旅行先でも仕事を絡められないかと、あれこれクライアント様にも提案したり。

企画提案が楽しい。

思えば大企業の会社員時代は、面白い企画でも規制が厳しくて決裁書が通らなかったりしたこともあったなと。不自由さがその社員のイス代(=給料)だった。イス代はそれなりにあったけど、人生と感性の我慢料としてはなんて少なかったのだろうと。

大企業の社員の横領が多いのは、我慢しているうっぷんがたまっているのだと思うな。仕組みがわかっていれば、裏をかくのは簡単だからね。金融系は特に自分も経理知識があったりするから。

 

そういう我慢から解き放たれて、無理に多い給料を求めることもなくなり、分相応の生活ができているのは幸せだなとしみじみ感じるのでした。

 

広告を非表示にする

幸運な私

私が話すと絶対に信じてもらえないことがあるのですが…

 

それは沖縄に来てもう五年もたつのに、部屋の中でGを見たことがないこと。

いろいろな人から、沖縄のGはサイズが大きくて恐ろしいなどと聞かされていて、どうしようかとビクビクしていたのですが、会うこともなくホッとしております。(いや、他の虫にはよく遭遇しています)

 

東京の部屋では年に1、2度は遭遇していたのですが、なぜか沖縄では3回ほど住まいを変わっていますが、そのいずれでも出会っていません。1つは一階だったのに。

 

f:id:whitewriterokinawa:20170304054902j:plain

 

猫たちが退治?

でも猫と住み始める前もあってないのですよね。

 

このまま会わずに済ませたいものです。

 

 

 

 

広告を非表示にする