読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とフリーライターの私

在宅のフリーライターをゆるっとやっております。猫好き。お仕事のご依頼はwhitewriterokinawaあっとgmail.comまでお願いします。

2016年、沖縄で「真夏日」史上最多-かりゆしの季節が終わらない

どおりで今年はなかなか涼しくならないなと思いました・・・

news.yahoo.co.jp

沖縄に住むようになってから、春夏夏秋という季節の移り変わりにも慣れ、12月上旬くらいまで薄着で生きていたのですが、まさかこの時期までノースリーブが大活躍とは。

赴任時に、「かりゆし」が通勤着だと聞かされ、赴任日に着てくるように(暗に)言われ、

「あれって知事がパフォーマンス用に着る服じゃないの?」

「私、絶対騙されてる・・・!」と思いながら出勤した数年前の4月某日。

騙されていると思いつつちゃんと着ていったら、久茂地界隈が皆かりゆしだったことにビックリしたものですが、男性的にはあれは楽ですよね。シャツをインしないのが正式だし。

地元企業は制服でかりゆしを作ってコンテストとかしていました。

大体気温が25℃くらいになる4~5月あたりからかりゆしにシフトし、それが10月くらいまで続く(体感的に寒くなってきたらスーツに戻り、ウェスト回りがきつくなったことを自覚する)というのが沖縄のビジネスマンたちのドレスコードだったのですが、この調子だと、11月末くらいまで今年はかりゆしシーズンになりそうですね。

クールビズとはいうものの、かりゆしは正装なので、下はスラックス、そして革靴なんですよね。結構暑い。女性はスカート(ダーク系)で、女性もシャツは外に出す。そして靴はパンプス的なもの。那覇空港でも航空会社の地上職員たちががオリジナルかりゆしでおもてなししてますが、タイトスカートにシャツをインしているのを真似していたら注意されたことも今では良い思い出??

しかし、かりゆしに染まっている那覇市久茂地の界隈とゆいレールなど公共交通機関の職員の皆様以外は、このかりゆししばりは結構ゆるくて、同じ那覇市でも新都心(なぜこの名前なのか不明ですが、都心って)界隈はわりと私服が多い感じを受けます。日銀も新都心にありますが、彼らは夏でもスーツらしい。南無・・・

また、中部~あたりからはアメリカ色が強く、かりゆしではなくアロハの人も多いですね。というか、アロハにこだわっている方はかりゆしは眼中になかったりします。素人にはあまり見分けはつきませんが、かりゆしは沖縄の動植物が描かれていたり(派手)、織物だったり(よく知事たちが着ているのは地味ですが伝統のミンサー織などが入っている高級品。○万とかするオーダーメイドだったり、麻素材だったり)するもので、とにかく沖縄由来のものなのですね。真っ黒なものもあり、お葬式も対応可能。

このへんが有名

www.mangohouse.jp

www.majun-okinawa.jp

 

男性のフルオーダーはこういう老舗洋装店が受け付けていたりしました。

www.futenma.com

 

ふと思ったのですが、ペット用かりゆしとか作って、観光客に売り出したら流行るのでは・・・特に小型犬向けとか。すでにどこかやっているのかしら?

f:id:whitewriterokinawa:20161027081844j:plain